2012年01月23日

復興商店街へ

今日は休みをもらっていたので隣町に仮設の復興商店街が出来たというので行くことにしました。
歌津伊里前(うだついさとまえ) 福幸(←これでふっこうとしてました)商店街は、
私のいる志津川の隣の町です。

さて、私、自転車で行ってみました。
往復3時間かかった!!!山道を延々と自転車をこぐが、
自転車なんぞ、一台も走っちゃいねえ。歩いている人もいねえ。

地図も持ってなくて、45号線をまっすぐに行ったらつきます、の言葉だけを頼りに、
あたしゃ山を5つくらい超えたよ!!
自転車で!しかもママチャリ!

ホテルで借りた自転車は「電動自転車アシスト」であるが、
「充電は連続使用で30分で切れます」とにっこり。
まさか往復3時間もその時はまだかかると思ってない。

ダンプカーが隣を突き抜けていき、あたしゃ怖かったよ。
1時間半かけてついたら、商店街がありました。
そこで食べたタイ焼きが美味しかった。地元の人が作っているストラップを買った。

ちなみに私の自転車を見て地元の人が
「あらー、地元の人でも自転車なんぞでこねえよ」と笑われる始末。とほほ。
でも毎日一回みんなで笑う!の目標達成!!

写真は商店街です。2枚目は商店街から見た景色。
来月は志津川でも仮設の商店街がオープンするそうです!!


DSCF1010.JPG

DSCF1013.JPG
posted by のんち at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

南三陸志津川の町

私が来ている宮城県南三陸志津川町は、町が全部消えてしまってます。
ホテルから、診療所まではタクシーで移動してるんやけど、
今日はお休みをもらったので、町を歩いてみた。

海にも山にも囲まれたこの街はきっとすごく素敵な町だったんやけど、
今はなんにもない。
家があった土台と、瓦礫の山は少しずつどこかへ運ばれ、見渡す限り何もない。
廃墟になったビルの4階部分の窓ガラスが割れていた。
ここまで津波が来たんやなぁ。

私が一緒に働いているスタッフは公立志津川病院のスタッフです。
今は仮設の診療所で一緒に働いています。

志津川病院の跡地に行く。ここも4階まで窓が破られていて、4階まで部分の外にある非常階段もぐにゃりと曲がっていた。

病院の中に入ると、全部がめちゃめちゃで献花台があった。花やお酒がおいてあった。
70名以上がここで亡くなったんやもの。

高台にあるホテルの傍に海の見える喫茶店があった。
ここで美味しいカフェオレを飲んだ。
ハート南三陸 って書いたキーホルダーを買った。
仮設でお店を始めたお店でご飯を食べた。
復興のメッセージの書いてあるカレンダーを買った。

小さな私が考え付く復興支援は小さなものかもしれへんけど、
小さな力がたくさんになったら、大きくなるかもしれへん。

私は私に出来ることがあって本当によかった。

まちで見かけた誰かが張ったシールです。

DSCF0969.JPG
posted by のんち at 17:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

南三陸のホテル

朝から夕方までは仮設の診療所、
夜は南三陸のホテルに観洋に宿泊しています。

海のそばにあるこのホテルは、崖の上に立っていたので、
全てが波に持っていかれることはなく、スタッフの力で再開しています。

震災当時はたくさんの住民の避難所としてつかわれました。

2階にある露天ぶろからは、満天の星が見えますが、ここまで津波がきたとのことでした。
ここにきて、お金を落とすことも復興の一つになるのかな、と思います。
普通の生活ってすごくありがたいことなんだよね。
普段は気付かないけれど。

南三陸の人が作ったカレンダーです。
素敵なので一枚。

DVC00311.jpg
posted by のんち at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。