2011年12月20日

宮城に向けて

さて、来月宮城県で仕事することになりました。
震災で救援に行った以来の宮城県です。

宮城県 公立志津川病院
海の傍にあったこの病院は4階までが水につかって、
100数人の入院患者さんのうち70数人が亡くなりました。
スタッフも亡くなりました。

現在このスタッフが、仮の診療所で診療を再開して頑張っているそうです。
きっと、これはほんの一部で、他にも本当に本当にたくさん色んな事があって、
今でも現場で頑張ってる人がいる。

私は、ここで仕事をすることになりました。
1月の13日から31日までの、短い期間です。
まだ現場を見てないから、何も言えないけど、少しでも何かして、
で、東北の人といっぱい笑ってこようと思ってます。

3月に行ったときは、もう何だか悲しくて悲しくてまともに仕事出来なかったように思う。でも、それじゃあ駄目なんだ。

インドネシアの地震の時も行ったけど、遠い国の出来事に、悲しかったけど、
やっぱり遠い国の出来事だった。言葉の壁はあったけど、仕事はこなせたように思う。

だけど、3月の時はその光景に立ち止まってしまった。
もしかしたらみんな立ち止まったのかもしれへん。

でも、人は立ち止まってばっかりやったらあかんの。
時々立ち止まって、そして振り返って、過去をなつかしんで、
だけど、そればっかじゃあかんのや。

私もしょっちゅう立ち止まって動けなくなるけど、
それでも、前に進みたいし、進む自分が好き。

インドネシアに旅行に行っていろんな国の人に にっぽんがんばれ
って言ってもらえた。
みんなが応援してること伝えて、美味しいもの沢山食べて
笑ってきます。
そんな様子を来月伝えれたらいいな。
^
posted by のんち at 15:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮城でも頑張ってください!よいお年を。
Posted by 通りすがり元南スーダン at 2011年12月31日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。