2010年09月30日

エンパワメント

午前中に講演されたもう一人の方が某大学教育福祉学部教育福祉学科教授 の方で

「 子どもの権利条約と日本の子ども」というタイトルで話をしたんやけど、
それが本当に良かった。

私は子供はいないし、友達の子供にもゲームをしても一切負けてあげず
泣いてても知らんぷりでマリオカートを勝ったりしちゃうそんな人間なのですが。

その方がこんなことを言ってました。

色々な環境に置かれて(親からの虐待、いじめなどなど)苦しい状況の子供がいる。
その時にその子供に頑張れというのではなく、

その子の置かれている環境を沈めたりおさめたりすること。

子供は人は、そのままのあなたでいい と言われると 頑張れる。
 
人は情けなくていい。
弱くある自由。

子供自身の有能さはどうでもいい。
あなたはあなたでいい。

困った時に助けて、といえることが自立しているということ。
自分にできないことを知って、助けてもらったらいいんです。
助けてくれる友達がいれば あなたはもう何でもできる。

こんな講演を自分の前に聞けたから、
なんかいつもより自分らしく話が出来たように思います。

ありがとうございました!

弱くてもいいんやなぁ。

posted by のんち at 08:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

ユニセフ講演

ユニセフで講演しました。
これはユニセフ大阪が

生きたい!学びたい!遊びたい!
−子どもの権利条約採択20周年を記念して−

という名のセミナーをして、その中での講演を頼まれたのです。

自分が人の前で喋ることになるなんて、考えもしなかった。
人前で話すと段々自分の話に自分が引き込まれていくような、
私がもう一回スーダンのあの場所に立って、
あのとき感じた同じ気持ちをもう一回味わえるから、
だから楽しいんや。

終わったら、大学生の女の子がやってきて、
『今日は京都から来ました、
今就職活動で、こんな時代だし、やりたいことあるけど、それはあきらめて
堅実な会社に就職したほうがいいのかな、って思ってたんですが、のんちさんの
話を聞いて夢はかなうと思いました。』

と言ってもらえた。
ほんと、私も自分がどこに向かうかわかんないとき、
こうやって誰かの話を聞きに行っては、なにか光がないか探してたように思う。

突き進んではやっぱりぶつかるんやけど。

ちなみに、私の前はユニセフボランティアスタッフがスタディツアーに行ったもので、
場所は ブータン王国やった・・・。

そう、やっぱりあたしゃ進んではぶつかってる・・・・。

posted by のんち at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

長い夏休み

こんにちは。
お久しぶりにまたブログ始めようかなー。ふふ。

なんで休んでたかと言うと、めんど・・・ウップス!!
遊んでたのです。
本気で。
今年の夏は20歳の夏のように本気で遊ぼうと決めて、夢中になってました。
ははは!
なんでもすぐはまると集中しちゃうんだよねぇ。

日本語の生徒や外国人の友達とバーベキューとかばっかやってた。

本当は本当はちょっと日本から出たくてたまらなくなってました。

だから環境を変えたら、日本にいても異文化と思いっきり接したら、
なんか見えるかなーって、思った。

結局見えなかった!!!ははは!
そんなもんである。

だけど笑い転げた夏の思い出はずっと残ったぞ!!!
posted by のんち at 16:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。